このページの先頭です

男性が脱毛に行く前に必要な自己処理とその方法まとめ

35views

投稿日:

脱毛に行く前に自己処理が必要な理由

髭や胸毛、すね毛などムダ毛が気になる男性がメンズ脱毛サロンで施術を受けると言うケースが増えてきました。メンズ脱毛サロンで施術を受ける時に注意したいのが自己処理です。スタッフから事前の自己処理が必要と言われることがあります。その理由は光脱毛と毛根の仕組みにあります。

光脱毛では黒い色に吸収される光を照射しています。この光を毛根に吸収させると高熱が発生します。この高熱により毛根の再生力を弱くし、脱毛させると言う仕組みになっています。毛根にはメラノサイトと言う色素生成細胞があります。

メラノサイトが生成するメラニン色素によってムダ毛の色が決まります。ムダ毛が肌表面上から伸び過ぎていると、毛根に吸収されるはずだった光が少なくなります。効果が弱くなってしまうため、事前の自己処理が必要なのです。

自己処理の方法

カミソリ

髭や胸毛、すね毛などムダ毛を自己処理したい時に便利なのがカミソリです。カミソリを使用する自己処理なら入浴中にも行える上に、安いために金銭的な負担も少ないと言うメリットがあります。その代わりに何度も剃るとカミソリ負けすることがありました。

切れ味の鈍ったカミソリを使用すると肌へのダメージが大きい上に痛みも感じてしまいます。定期的に新しいカミソリへと交換して下さい。何も付けない空剃りも肌へのダメージが大きいため、シェービングクリームを塗布してからカミソリで剃って下さい。

カミソリ負けが気になると言う男性は女性用カミソリを使用すると言う方法があります。見えない部位、届かない部位はカミソリだと剃り難いです。手元が狂って傷を付けることがあるために注意して下さい。

電気シェーバー

カミソリより安全なのが電気シェーバーを使用する自己処理です。メンズ脱毛サロンでは電気シェーバーを推奨することが多くなっています。電気シェーバーには往復式、回転式、ロータリー式と大まかに分けて3種類あります。往復式は最も一般的な電気シェーバーです。

深剃りしたい男性、ムダ毛が濃い男性に適しています。その代わりに回転式と比べると肌への刺激が強いです。回転式は文字通り、刃を回転させながらムダ毛を剃っていくと言う特徴があります。ムダ毛が比較的薄い男性、肌が弱い男性に適しています。ロータリー式は螺旋状の刃が回転する仕組みになっています。

ただしロータリー式を採用するメーカーは少ないです。電気シェーバーを使用する時は肌にやさしくタッチさせて下さい。強く押し当てると刺激が強くなってしまいます。

指で肌を伸ばすと剃りやすいです。電気シェーバーも空剃りでは無く、電気シェーバー用のプレシェーブローションを使用した方が良いです。

NGな自己処理の方法

メンズ脱毛サロンではNGな自己処理もあります。それは毛抜きでムダ毛を引き抜くと言う自己処理です。毛抜きを使用すると毛根まで引き抜いてしまい、光が吸収される場所が少なくなります。効果が弱まるために毛抜きは使用しないで下さい。毛抜きで毛根から引き抜くと毛周期が乱れてしまうことがあります。

多くのメンズ脱毛サロンで成長期に合わせて施術を行っています。毛周期が乱れると脱毛ペースも狂ってしまいます。ワックスも毛根から引き抜く自己処理のために行わないで下さい。その他にも注意したいのが除毛クリームを使用すると言う自己処理です。除毛クリームではタンパク質を溶かす成分を配合しています。この成分でムダ毛を溶かして除毛するのです。

しかし肌もタンパク質のため、一緒にダメージを受けてしまいます。ダメージを受けた肌に光の照射を行うと、さらにダメージが大きくなってしまいます。肌がヒリヒリしてきて後で後悔することがあるために注意して下さい。

シェービング対応が受けられる

中にはシェービング対応を行うメンズ脱毛サロンがあります。自己処理できない部位があっても安心です。ただし料金が発生することがあります。回数が多くなると金銭的な負担が増えていくために事前に確認して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です