このページの先頭です

男性の気になる髭の自己処理は?おすすめアイテムも紹介!

14views

投稿日:

髭の自己処理

髭が濃い男性の場合、毎日の自己処理に悩まされることが多いです。メンズ脱毛サロンで施術を受ければ髭をきれいにすることは可能です。しかし数万円から10万円ほどの料金が掛かることがあります。回数が多くなると通うのも大変です。

自己処理なら大きな料金を掛けずに済む上に、自宅に居ながらいつでも行うことが可能です。その代わりに間違った自己処理を行うと肌荒れし易いために注意が必要です。

カミソリ

カミソリは簡単にきれいにできるのが良いところです。しかし自己処理の中でも肌荒れし易い方法となっています。特に逆剃りは肌に負担を掛けるため、なるべく避けた方が良いです。順剃りでは深剃りできないと言う時はお湯で濡らしてみて下さい。水分により髭が柔らかくなり、剃り易くなります。

さらにシェービング剤を使用すると、肌への負担を抑えることが可能です。安全性の高いT字カミソリでも横に滑らすと肌を切ってしまい、後で後悔することがありました。T字カミソリには固定ヘッドと可動ヘッドと大まかに分けて2タイプあります。

このうち可動ヘッドは適切な角度で髭剃りできるのが良いところです。慣れないうちは可動ヘッドを使用するのがおすすめです。カミソリの刃を強く押し当てて髭剃りを行うと肌も一緒に削り取ってしまう恐れがあります。出血しやすい部位はやさしくカミソリの刃を押し当てて、ゆっくり剃って下さい。

電気シェーバー

電気シェーバーはカミソリに慣れていないと言う男性でも安全に髭を剃ることが可能です。此方もカミソリ同様、お湯に濡らすと剃り易くなります。髭が伸びていて剃り難い時は、指で肌を軽く引っ張ってみて下さい。寝ている髭が立つために剃り易くなります。

カミソリと違い、電気シェーバーは肌に対して直角に押し当てるのが基本です。動きが早すぎると髭が電気シェーバーの中に入り難いため、ゆっくり剃って下さい。髭剃り後はアフターシェーブローションで保湿するのがおすすめです。メンズ脱毛で施術を受ける前の自己処理にもピッタリです。

家庭用脱毛器

近頃では家庭用脱毛器を使用する男性が増えてきました。女性用と言うイメージがあるものの、男性の髭にも使用できるタイプは多いです。カミソリや電気シェーバーと違い、家庭用脱毛器では毛根の働きを弱くすることが可能です。そのため使用するごとに髭が薄くなっていきます。数万円ほどの出費となるものの、購入する時の1回のみです。

その後は好きなだけ髭脱毛することが可能です。さらに家庭用脱毛器ならすね毛や胸毛など他のムダ毛にも使用できるのです。すね毛や胸毛など他の部位に生えているムダ毛も気になると言う男性にもおすすめします。

ただしメンズ脱毛サロンで導入している脱毛マシンよりも出力が低いものが多くなっています。そのため髭が濃い男性ほど多くの回数が必要です。その他にも注意したいのが痛みの強さです。フラッシュ式より比較的レーザー式家庭脱毛器の方が強くなり易いです。

おすすめアイテム

シェービングセット

ドイツの髭剃りブランドであるミューレではシェービングセットを提供しています。両刃カミソリ、シェービングブラシ、スタンドのセットです。安価な製品では無く、高級感のある作りになっています。昔から使用されてきたのが両刃カミソリです。

T字カミソリでは味わえない剃り心地を体感することが可能です。T字カミソリより神経を使うものの、慣れてくれば大丈夫です。シェービングブラシではアナグマの柔らかい毛を使用しています。まるで理容室のようなシェービングが自宅でできるのが魅力です。

アフターシェーブウォーター

カミソリ負けが気になると言う男性におすすめなのがギャツビーのアフターシェーブウォーターです。カミソリ負けによるヒリヒリを抑える成分が含まれています。ウォータータイプのために使い心地が良いと言うメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です