このページの先頭です

ヒゲ脱毛をしてから抜けるまでの期間。効果を実感する瞬間

Arrayviews

投稿日:

こんにちは、細野です。

 

ヒゲ脱毛をするとレーザーを当てた箇所から早く髭が抜けないか楽しみで仕方がありません。

 

今まで散々、うっとし、処理が面倒くさいと思っていたヒゲ。

それを永久脱毛することを目指してレーザーを当てているわけですから、期待をしないはずがありません。

 

この記事を書いている時点で2回のレーザー脱毛を受けた僕が、実際の効果と、ヒゲが抜けるまでの期間をシェアしたいと思います。

 

レーザー脱毛当日。痛みや腫れは出るの?

 

まず最初にヒゲをレーザー脱毛をした当日の事について書きます。

 

レーザー脱毛が痛いか痛くないかという話ですが、これはレーザーの機械によって全然変わってきます。

 

ヒゲ穴を思いっきり焼くタイプの機械は痛いですし、僕が現在使っているメディオスターという機械はジェルを使い、そこにレーザーを当てるタイプの脱毛方法。

 

痛みはほぼ皆無であり、痛みよりも自分の体に何かをされているという恐怖のほうが僕には問題でした。

恐怖が強すぎて1回目は過呼吸になりましたのでw

 

2回目はこちらの動画でも話した通り、対策をして行きましたので、施術も30分とかからずサクッと終わりました。

 

そして痛みはほぼ感じる事がなく、1回目と比べて負担はほぼ皆無って感じ。

 

ヒゲ脱毛を続けられるか続けられないかは、担当の人の質、痛みのない機械を使うこと。

この2つが肝だと思います。

 

これからヒゲ脱毛を始められる方はこの2点を抑えてやれば、ガッカリすることはないですよ。

 

ヒゲ脱毛をする当日ですが、若干肌が赤くなります。

気になるのであればクリニックでもらえるクリームを塗ればいいですし、赤みも次の日には消えてわからなくなります。

 

痛みに関してですが僕は麻酔を使っているので、感じることは少ないですし、麻酔が切れた後もヒリヒリしたり、じわじわ痛みが来るという事はありませんでした。

 

もう完全に流れや痛みのレベルが分かってしまったので、次回以降はもっとスムーズに施術を受けられると思います。

 

レーザーを当ててから抜けるまでの期間について

 

実際にレーザーを当ててからヒゲが抜け始めるまでの期間ですが、1週間から10日程度でした。

 

抜けるときには痛みや感覚もないので、注意して見ていないと抜けたこともわからないと思います。

 

事前にクリニックで説明をされたのは、お風呂に入った後でバスタオルで顔を拭いている時にヒゲが抜け落ちるのがわかるというもの。

 

これに関しては1回目の脱毛直後に、朝顔を洗ったらヒゲが手にくっついてきたので、抜けたんだなとすぐにわかりました。

 

僕は顔の主要部分全てのヒゲを脱毛しているのですが、1回目の脱毛が終わった段階で、クビのヒゲに関して大きな効果を感じることが出来ました。

 

クビヒゲはシェーバーでもなかなか剃ることが出来ず、処理に困っていたのですが、この量が一気に3分の2ぐらいまで減ったんですね。

 

今2回めの施術が終わってちょうど1周間が過ぎたところなので、これからどれぐらいヒゲが減るのか楽しみです。

 

しっかりと効果を感じられるようになるのは、1年後という事なので、最初の間は少しずつヒゲが減り、新しい毛が生え始めての繰り返しです。

 

クリニックでのヒゲ脱毛は永久脱毛に到達する事が可能なので、それを楽しみに受けていくといいと思います。

 

痛みがなく、担当の方との信頼関係が出来れば、クリニックに通うのは楽しみになりますよ。

 

僕は現在担当の人に会いたくてその人がいる院まで移動をしていますからねw

 

東京だとクリニックの数も多く、僕が利用しているメディオスターを設置している院も複数あるため、院を跨いでの利用も簡単です。

 

遠方に住まれている方でも2ヶ月から3ヶ月に一回、出てこれる覚悟があるなら、東京でヒゲ脱毛をするというのは十分ありだと思います。

 

自分の地元や通える範囲の所に、メディオスターを設置しているクリニックがあるかを調べてみるといいです。

 

まとめ

 

結果が出るまで時間がかかると言われるヒゲ脱毛ですが、実際には最初の1回目から効果を感じられます。

 

もちろん個人差はあるのかもしれませんが、僕は1回目をやってすぐにヒゲ脱毛やって良かったなーと感じる事が出来たので、効果が出るまで1年も待ってられないと思っていた人にも再度検討してみて欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。