このページの先頭です

エステとクリニックの違い。それぞれのメリットとデメリットを解説

Arrayviews

投稿日:

こんにちは、細野です。

 

脱毛について調べ始めると、値段が安い所と高い所で随分違いがある事がわかるはずです。

 

なぜここまで価格が違うのか疑問に感じますよね。

 

特に調べ始めたばかりの頃はエステサロンとクリニックの違いがわからずに悩むものです。

 

そこで今回はエステサロンとクリニックの違い、それぞれのメリットデメリットについて解説をしていきます。

 

エステは安く、クリニックは高額。なぜ?

 

予算が少なく安く脱毛できる所を探している方はエステをホットペッパーなどで見つけられると思います。

 

サロンがなぜ安くサービスを提供できるかというと、医療機関ではない事、担当の指名などきめ細かい設定が出来ないことが理由です。

 

まず医療機関でないと何が問題かというと、いわゆる永久脱毛というものが出来ません。

一時的に効果が出る脱毛を継続して繰り返す形になるので、維持をするためには通い続けなければいけないんですね。

 

そして使っている機会も医療機関が使っているものに比べて出力が弱いものになるので、

脱毛効果も限定的です。

 

これは医療機関でないと使うことが許可されない規制があるので、

エステではクリニックのような高出力レーザーを提供することが出来ないのです。

 

結局一回あたりの支払いは安くても、通い続けなければいけないこと、

その手間やトータルで支払うコストを考えると

あまり安くないんじゃないかなと思います。

 

しかし本当に予算が少ない方にとっては選択肢となることも事実ですね。

 

クリニックでひげ脱毛をするのは本当に高いのか?

 

僕は脱毛に22万をかけましたが、この料金を話すと「高いですね」という反応をされることが多いです。

 

ただ、僕はヒゲだけでなくて、顎、もみあげ、頬、首など顔の全部位に至るまで脱毛を施し、

4年間レーザー打ち放題という内容で契約をしたので高いとは思っていません。
(純粋のひげ脱毛だけならもっと安く受けることが可能です。)

 

1年程度で脱毛の効果が明確に出てきて、残りの3年は保険みたいなもの。

 

今後の経過を見ないと断定はできませんが、最初の1年が終わった時点で

そこまでアグレッシブにレーザー脱毛をしなくてもいいぐらいの自由が手に入るはずです。

 

レーシックをしたときにも30万以上払ったので、

美容整形にお金をかける事にはそれほど抵抗はありません。

 

ちなみに僕は歯科矯正もやっているのですが、歯科矯正の相場は中高生で30万〜60万程度、

小学生であれば10万〜40万程度。

 

美しさを手に入れるためには当たり前のようにこれぐらいのお金がかかるという事です。

 

ひげ脱毛は歯科矯正やレーシックほど負担が少ないのに関わらず、

外観から受ける印象が大きく変わるという非常にコスパの良いサービスだと思います。

 

ですので、20万という価格は僕としてはかなりフェアであり、安いとすら感じています。

 

それぞれのメリット、デメリットまとめ

 

エステのメリット

価格が安く、お試しキャンペーンを使うことで一回数千円で受けられる

 

エステのデメリット

永久脱毛は出来ない

担当の固定は出来ない

痛い

 

クリニックのメリット

永久脱毛可能

担当を固定すること可能

麻酔を使えるので痛みは少ない

 

クリニックのデメリット

価格がエステに比べると高い

 

料金面をクリアできるならクリニックをおすすめします。

 

どうしてもクリニックでの料金をクリアできない方は、

副業をするなどして原資を作ってみてはどうでしょうか?

 

僕が運営している別のサイトではお金の問題を解決する手段とアイディアについて言及しているので、

そちらを見て頂けるとよろしいかと思います。

 

メルマガに登録して1通目で届くやり方を実行するだけでも

20万程度のお金は簡単に作ることが出来ます。

 

ですから今回の記事を読まれた方でお金の問題がクリアできずにエステに行こうと思っている方は

まずは僕のサイトとメルマガで勉強をして頂き、

脱毛の原資を作るというのをやってみて下さい。

 

僕のサイトはこちら

 

予算がクリアできている方は、アクセスの良さやクリニックの雰囲気などを調べ、

自分が気に入った所で施術を受けるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。