このページの先頭です

ひげ脱毛の痛みを解決する方法。痛さに我慢しなくても脱毛は可能です

Arrayviews

投稿日:

こんにちは、細野です。

 

脱毛と聞くと痛いとか、我慢をしなければいけない事をイメージする人も少なくないと思います。

 

実際に自分もカウンセリングを受けた時に最初に聞いたのが、どれぐらい痛いのか?という事です。

 

痛みに関してはお金を払うことで無視できるレベルまで弱くする事が出来る。

まずこれを覚えましょう。

 

予算が少ない方はバイトするなり、ビジネスやるなりしてお金をためましょう。

ヒゲ脱毛なんて高いのを受けても20万とかそんなもんなので。

 

数ヶ月バイトをしたり、ちょっとビジネスを頑張ればこれぐらいはすぐに貯まりますよね。

 

なのでお金がないから痛い脱毛で我慢しようとか、お金がないからヒゲ脱毛を諦めようと考えるのは辞めましょう。

稼げばいいだけなので。

 

今回は自分が実際に痛いタイプの脱毛と、痛くないタイプの脱毛を両方経験した上で感じたことをシェアしていきます。

 

なぜ脱毛で痛くなるのか?その仕組みを解説

 

脱毛にはいくつかタイプがあり、有名なのが針を使うものと、電気の力で毛穴を焼くものです。

 

針を使うメリットとしてはコストが安くなるというものがありますが、痛みは最悪で耐えられない人が殆どだと思います。

 

従って現実的な脱毛としては電気の力で毛穴を焼くタイプから選んでいくことになります。

 

毛穴を焼くという行為は当然ながら肌に負担がかかるのですが、安価な機械と高価な機械では雲泥の差があります。

 

どのような違いかと申しますと、安いやつは肌の面全体に電気を流して数撃ちゃ当たる作戦を取りますが、高い機械は黒の色素にだけ反応をし、精度の高い照射が可能になります。

 

僕は最初数撃ちゃ当たるタイプの機械を受けたのですが、ゴムで思い切り弾かれたような痛みが連続して続き、麻酔をしても痛いという状況になりました。

 

そしてその状況が1時間以上続くことがわかったので、これは耐えられないなと。

 

そして次にメディオスターという照射制度が高い機械を使った時に、僕のヒゲ脱毛に対する恐怖心がガラリと変わりました。

 

全然痛くないですし、我慢しようと思えば出来るかなと思ったのです。

 

僕の中でヒゲ脱毛に対する恐怖が消えた瞬間とは?

 

残念ながら最初の2回は過呼吸になってしまい、担当してくださったナースの方に大変な思いをさせてしまったのですが、これは痛みに対する恐怖ではなく、自分の体に未知数の負荷がかかるという恐怖でした。

 

なので、痛みに対する恐怖に対策ではなく、恐怖を軽減させる対策というのをやりました。

 

具体的にはGABAというリラックス効果が得られるサプリメントを朝に1錠、施術前に1錠飲みました。

 

この対策は効果がてきめんでして、1時間30分かかると言われた施術が30分とかからずにサクサクと終わり、ヒゲ脱毛に対する恐怖が克服されました。

 

今も施術が2ヶ月おきに続いているのですが、僕の中では美容室に行く感覚で通えています。

 

美容室に通うことに恐怖や行きたくないという感情は伴わないですよね。

今の僕はまさにそういう状態です。

 

こうすれば悩まないクリニックの選定法

 

結論だけを言ってしまえば、メディオスターが設置されていて、患者の心をケアしてくれる担当医がいるクリニックでヒゲ脱毛は受けるべきという事になります。

 

それを見極めるためには、事前のカウンセリングを受ける。

お試しで何回か施術を受けてみる。

 

これが絶対に外さないクリニックの選び方です。

 

そこまで慎重に選ばなくても僕と同じクリニックに通えば問題なく施術を受けられますが、地理的な問題で同じところに通えない方もいますよね。

 

そういう方は今回紹介した考え方で選定をしていけば良いです。

 

今回の選び方でクリニックを探していくと、激安系やエステ系は自動的に対象外となりますので、選択肢が少なくなり、選ぶのが楽になります。

 

痛みや恐怖に耐えながらネガティブな思いでヒゲ脱毛を受けていくのか。

ストレスや恐怖とは無縁で美容室に通う、散歩に出かける感覚で施術を受けていくのか。

 

お金で解決できる事なのだから、お金で解決する方を僕としてはおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。